Cubに乗ってどこまでも

株主優待大好きサラリーマン。タダ取りなんてケチなことは言わないガチホルダー。優待生活を綴ります。あとは旅行先とか雑学とか。

自分について

昔々ワタクシが勉強した株関係の事柄、もう一度体系化しまとめる作業中
↓ブログ再開の理由、書いてますー
kyoro77.hateblo.jp
一緒に稼げるように、一緒に勉強しましょう!


うぇぇぇーーーっ?
news.yahoo.co.jp
東証が株取引時間30分延長で最終調整してるそう……。
また仕事が手につかなくなっちゃう。
やだなー。

というワケで、本日はコチラ。
スーパー大事な言葉を自分に言い聞かせます。




★取引の鉄則
体調が悪い時は
とにかく休む







意志や気合だけに任せたやり方では、うまく行かない
人は感情の生き物
どのようにすれば感情に左右されないか、感情に左右されずに行動できるか、その術を理解しておくことが重要
行動経済学の重要性
=自分の性格を知る







★ヤフーファイナンス掲示板は見ない
見るに堪えないコメントが多過ぎるから

匿名の誹謗中傷に価値はない

それに関わるのは時間の無駄







リスクは避けるものではなく、管理するものだ







★投資家は常に「もしかしたら失敗するかも」という挑戦する恐怖と背中合わせでいるべきであり、
「投資は怖い」という感覚を忘れずにいることが大切だと思っています。
景気や相場が良くなり調子よく儲かることが続くと、
「投資なんて怖くない」と恐怖を忘れがちになります。
しかし、車の運転でも、包丁でも、株でも、怖さを忘れてしまった時に本当の失敗が訪れるものです。

投資家としては常に怖さを忘れず、
何かを見逃しているリスクはないか、
リスクを取り過ぎていないか、

ということを自問しながら投資することが大切であり、それが失敗を減らすことにつながるのです。







★マーケットは
日々いろいろな動きがあるので
つい走りっぱなしになりがちだが
立ち止まって丁寧に考える機会も大切だ







★一流の投資家は、自分が抱えられるポジションの限度額を感覚的に知っている。
不安や恐怖を抱くほどのポジションを持つことはしない。
いくら自信があっても。







★投資の最大のリスクは自分の欲

うまく儲かってる時は誰でも自分の能力を過信しがちになる
これはプロのディーラーでも個人投資家でも同じ
ただし本物のディーラーは、自分が過信しているのではないか
という意識を必ずどこかで持っている







★ついつい大きなリスクを取るのは、手っ取り早く儲けたいという感情から

ネットの普及で勝ってる人がついつい目に付いてしまい
「自分はもっと勝ちたい」「早く〇〇円達成したい」という欲望が湧きやすい世の中

他の投資家の利益を意識し「勝って自慢したい」という感情に支配されると、不用意なポジションを取ったり、ロットが大きくなりがち







★人間は不思議なもので
調子が悪いと、慎重になって大きな失敗はしないんだが
一度大きく成功すると、行動が大胆になって墓穴を掘ることがある

投資はすべからく自分の欲との戦いなのだ







★「我々は決して後ろを振り向かない。
我々の頭に浮かぶのは、多くのものが待ち受ける未来だけだ。
ああしてばよかった…とクヨクヨ考えても、
過去を変えられるわけではない。

あなたは前を向いて生きるしかないのだ
     ウォーレン・バフェット







★リスクを管理する前に、自分を管理できるように。
言葉を変えるなら、自分自身が一番のリスク要因だということを
絶対に忘れてはならない。